自給自足、循環型の暮らしを目指す音楽家であり、主夫でもある小濱達郎のブログ

京都府南丹市八木町にて循環型の暮らしを目指す、主夫であり、農夫であるシンガーソングライターのブログ

テレビのない暮らし

移住したときに、思い切って、

テレビを

置くことをやめました。

 

テレビがなくて良いことが

たくさん、あると

感じています。

 

まずは、

NHKの受信料を

堂々と払わなくて

よくなります。

 

さらに、

山間部ですし、

テレビを見るとなると

ケーブルテレビに

毎月受信料を払う必要が

出てきますが、

それも必要ありません。

南丹市では一月あたり1540円

かかります。

 

また、テレビを置く場所が

いらなくなるので、

部屋が少し広くなります。

 

テレビをつけないので、

電気代がその分かかりません。

 

その他にも、

ありそうだなあ。

 

子どもたちは、

実際どう感じているのかなと

気にはなります。

 

流行りのアニメや、

スポーツは

知らないと思うけど、

それはそれで特に

問題ないようにも

思います。

 

親の価値観を

押し付けてはいないか?

言われると

否定出来ないところ

ありますが、

僕自身は、

テレビの必要性を

ほとんど感じていないのです。

 

プロジェクターと

スクリーンは

あるので、

映画などは

たまに見ています。

 

f:id:kohamatatsuro:20180704215244j:image