自給自足、循環型の暮らしを目指す音楽家であり、主夫でもある小濱達郎のブログ

京都府南丹市八木町にて循環型の暮らしを目指す、主夫であり、農夫であるシンガーソングライターのブログ

皿洗いをするときに何を使うのか

 皿洗いをするときに、

一般的には食器洗い用の洗剤が

使われていると思われます。

 

 我が家では、

基本的に洗剤の類は使いません。

ただし、豚肉や牛肉類の脂は

なかなか落ちにくいので、

そのときは、石鹸を使うこともありますが。

 

 水温の暖かい最近では、

まったくと言っていいほど、洗剤は

使っていませんね。

 

 では、

どうしているのか。

 

 答えは、

ヘチマです。

 

 ヘチマのたわしといえば、

お風呂で身体を洗ったりする

イメージがありますが、

食器洗いに、素晴らしい活躍を

してくれます。

 

 ちょっと脂っぽい汚れでも、

ヘチマでごしごしやると、

いい感じにきれいになります。

 

 鍋などの、

こびりついたやつには、

亀の子たわしも、大活躍です。

 

 少し前までは、

アクリルたわしを使っていましたが、

マイクロプラスチックの問題が

気になっていて、

それならばと、ヘチマでの

食器洗いを復活しました。

 

 以前にも、ヘチマは使っていましたが、

使っているうちにへたっていくし、

ヘチマのタワシって、買うと高いのです。

 

 でも、ヘチマは天然の繊維だし、

洗うたびに、削れていったとしても、

それは、植物の繊維だし、マイクロプラスチックでは

ありえない。

 

 これはもう!ヘチマだー!

 

 ということで、

今年は、畑でヘチマを育てています。

ヘチマのスポンジ、一年分、

とれるといいなぁ。

 

 

洗濯するときにどんな洗剤を使うのか

f:id:kohamatatsuro:20180718212541j:image

 

うちは、

マザータッチという

洗濯用のハーブ入りミネラル水と

 

f:id:kohamatatsuro:20180718212744j:image

 

洗濯マグちゃんという

マグネシウムのやつを

併用して使っています。

 

f:id:kohamatatsuro:20180718212846j:image

 

洗濯の排水が

河川を汚さないように

したいということが

一番にあります。

 

以前は、

洗濯用の

粉石鹸や

液体石鹸を

使っていましたが、

洗濯機の中が

いつしかカビだらけに

なってしまっていました。

 

この組み合わせは、

今のところ

カビが生えにくいように

感じています。

 

そして、

匂いがしないのが良い。

 

最近の市販の洗濯用の

洗剤は、

匂いのきついものが

多く、

僕は苦手なのです。

 

子どもが四人いて、

赤ちゃんもいるし、

毎日

三回から四回は

洗濯機を回している現状で、

なるべく環境に負担をかけず、

なおかつ服も気持ちよく

使えるようにしています。

 

最近は、マイクロプラスチックの

問題があるので、

衣服自体の繊維にも

気をつけていきたいと

思います。

 

化学繊維は、

その特性があり、

良い部分もありますが、

環境に負荷をかけないよう、

アンテナを張っていきたいと

思います。

大事にしたいこと

 今の世の中、

政治のニュースなんかを見ていると、

不可解なことが多い。

 

 国の将来を左右する政治家が

私利私欲のために動いていては、

国民は困ってしまいます。

 

 お天道様に恥じないような

心を目指して、生きたいものだと思います。

 

 原発のこと。

東日本大震災で、福島の原発が事故を起こして、

7年が経ち、今なお、収束できていないとう事実。

放射性物質の危険性は、もはや火を見るよりも明らか。

 

 それでも、なお、

原発を推進していこうという動きが止まらない。

 

 相反する考え方を持つ人に対して、

理屈で論破することは、可能かもしれない。

 

 でも、それで論破された側は、

気持ち、考え方が変わるのだろうか。

 

 もう少しお互いに歩み寄って、

ここは大事だね、という共通のゴールを

見つけることはできるはずだと思う。

 

 何を大事にしたいのか。

 

 目の前ある、物質的な利益なのか。

 

 将来にわたって長い目で見たときに

どうなのか。

 

 理想を掲げるということが、大切で、

現実的な困難は、本気で向き合って、

取り組み始めれば、必ず乗り越えていける。

 

 僕個人的には

個人が消費している電力量が、

適正なのかどうかが、気になった。

 

 今現在は、6人で暮らしていて、

月に平均2000円以下の電気代だけど、

ろうそくや行灯で明かりを得ているわけでもないし、

冷蔵庫も洗濯機も使っている。

 

 テレビが家にないことと、

あとは無駄遣いをしていないということに

尽きると思う。

 

 食器洗い洗浄機は必要ないし、

湯沸かしポットも必要ない。

この暑さでエアコンの必要性は感じつつも、

今は設置していない。

 

 トイレの便座を常にヒーターで

温める必要もないし、

電子レンジは使う必要がない。

 

 しかし、電動工具は使うし、

たまには電気オーブンだって使う。

電動石臼だって使うこともある。

 

 電気的に制御することで、

驚くほど効率的にできることがたくさんあることも

知っているつもりだ。

 

 でもその一方で、

使えるとしても、むしろ使わない方がいい、

と思っている面もある。

 

 自らの感覚を働かせて、

自らの手や足を動かすこと。

 

 いくら科学が発達していったとしても、

例えば、薪を使う楽しみや、その意味は、

変わることのないものだと思う。

 

 そして、

さらに大切なことは、

人間の内面。

 

 つまり、心の部分。

 

 世の中には、成功した!

有名になった! 売れた! 賞を取った!

などのことが 大事なことだと思われがちだし、

それも一理あるけど、

 

 本当に大切なのは、

その人の心がどうあるかだと思う。

 

 人を思いやる心。

 

 自分自身を、そして周りの人を愛する心。

 

 心が育ち、成熟していくことで、

物質的な豊かさだけでは得ることのできない、

精神的な豊かさを得ることが出来ると思う。

 

 だからといって、

物質的な豊かさが必要ではないわけではない。

 

 経済的にもゆとりがあったほうが、

精神的にも落ち着くだろうし、不安な要素は

少ない方がいいとも思う。

 

 人それぞれ、個性があって、

やはり天性の才覚を持っている人もいる。

 

 一人一人が、自分のもっている力を

発揮できて、その様々な力を一つの

方向へとむけて、進んでいけたら

未来は明るいと思う。

 

 まずは、

僕自身の、理想像がいったい何なのか。

 

 きちんと言葉にして、

表現できるようにしていきたいと思う。

 

 そして、

僕には歌がある。

 

 歌を通してなら

表現できることもあるんだろうなと

今になって思ってきた。

 

 なかなか落ち着いて

文章を書く時間も取れないけど、

少しずつ書き留めておこうと思う。 

多忙な日々

明日は

八木町諸畑にある

蔭凉寺で歌います。

 

イベント時間は

1時開場

2時から演奏で、

僕は2時半くらいから

約一時間演奏します。

 

共演者の

初川さんとの

セッションも予定しています。

 

事前予約が

1000円

当日が

1200円

ということに

なっています。

 

ギリギリでも、

来られるという方は

ご連絡くださいね。

 

さて、

今日から酷暑ということで

梅干しを干しました。

 

f:id:kohamatatsuro:20180714215055j:image

 

畑のにんじんも

千切りにして

干しています。

 

f:id:kohamatatsuro:20180714215124j:image

 

この前の大雨で

畑が水没してしまい、

少し痛んでしまった

人参が

ありました。

 

f:id:kohamatatsuro:20180714220740j:image

 

痛んでいるところはとって、

千切りに。

 

保存食作りです。

 

f:id:kohamatatsuro:20180714215246j:image

 

神吉の風の市にて、

ミヤマクワガタ

いただいてしまいました。

子どもたち、大喜びです。

 

子どもたちの

遊びにも付き合いながら、

一緒に畑仕事も

しながら、

時間があっという間に

過ぎていきます。

 

 f:id:kohamatatsuro:20180714215533j:image

 

ジャガイモ、

豊作とまでは

いきませんでしたが、

まあまあとれています。

 

一枚の畑の中でも

場所によって、

性質が結構違うので、

適したところで

育てられたらと

思います。

 

f:id:kohamatatsuro:20180714215830j:image

 

大豆の自給を

目指して種をまきましたが、

どのくらい出来るのかな。

 

鳥に食べられたりもするので

簡単にはいきませんね。

 

土の状態が良い場所は、

今のところ順調に育っている

ようです。

 

あとは獣害に会わなければ

いいのですが。

 

今回、ズッキーニは、

アナグマらしき動物に

わざとなのかは知らないけど

ボキッと折られてしまったようで、

何本か枯れてしまいました。

 

順調にいっている矢先に

獣や鳥にやられると

やはり落胆します。

 

自給への道のりは

まだ遠い感じです。

 

あとは、

廃材をもらいに行ったり

薪棚作りから、整理など、

忙しい日々です。

f:id:kohamatatsuro:20180714220720j:image

 

明日は

ライブなので、

練習もね!

 

子どもたちにも

張り切って歌ってもらおうと

思います。

家族バンドが

できるといいなと

楽しみにしています。

 

 

 

3か月経過

4人目の子が生まれて

3か月が経ちました。

 

おかげさまで、母子ともに

元気です。

 

4人子どもがいると、

毎日の洗濯物の量がとても多いです。

うちは、布おむつを使っているので、

その分も、洗濯物が増えます。

しかしながら、2歳半を過ぎた

3人目の子は、おむつが取れて、

もう数か月経ちます。

やはり、布おむつと、早いうちからの

おまる作戦は効いていると思います。

 

4人目の子は、機嫌がいい時など、

にっこりと笑顔になります。

 

まだ声もそんなに出せないのに、

顔が自然と笑顔になるのは、

不思議だなと思います。

 

首の力もついてきて、

うつぶせにしていると、

首を持ち上げているときがあります。

 

少しずつ、身体が成長していく様子を

身近で見守ることが出来ている、

今の状況は、幸せだともいえます。

 

刻一刻と、時は流れていき、

焦る気持ちがないわけではありませんが、

一つずつ、目の前のことを

片づけていくしかありません。

 

ようやく薪棚づくりも終わりまして、

今度は、倉庫や納戸の片付け用に

棚を作ります。

 

鶏小屋ー!

 

薪ストーブの改造ー!

 

床下に断熱材!

 

台所にも棚づくり。

 

いろんなところの片付けー!

 

畑の作業も、待ってくれない!

 

種まきー!

 

 

週末は歌います

七月十五日の日曜日、

八木町諸畑にある、

陰凉寺にて、

ライブをします。

 

今回は、

初川さんという

アーティストの方も

出演されます。

 

初川さんは、

14時から、

僕の演奏は、

15時頃からの予定です。

 

参加費として、

事前予約は

1000円。

当日は、

1200円という

ことだそうです。

 

久しぶりに演奏です。

 

さあ、しっかり準備して、

気持ちよく歌いたいと

思います。

 

 

田舎暮らし 大変なことその3

 田舎暮らし、特に山の近くに

住む場合、ふもとの里とは違った

大変さがあると思います。

 

 

 畑や田んぼで、作物を栽培するにあたって、

鳥や獣による食害などが激しいです。

それらを防ぐために柵を巡らせることになるわけですが、

それはそれでもちろん、手間暇とお金もかかりますし、

不便なものです。見た目にもすっきりしないし、

どこからでも畑に入れなくなります。

 

 コストが安いのが、電気柵ですが、

電気柵の電線部分に、草などが伸びてきて、

触れてしまうと、電気が漏れてしまうことがあり、

本来の電気柵の効力を発揮できなくなります。

 

 それを防ぐために、

電気柵の下に生えてくる草を刈らないといけませんが、

梅雨~夏の季節は、一週間も放っておくと、

草が電線に触れてしまうので、そうなる前に

刈らないといけません。

何もないところの草を刈るのと違い、杭に

あたらないように注意して刈ることになりますし、

神経使います。

 

 電気柵をしていても、

入られることは多々あるようです。

イノシシや、鹿だけでなく、

うちの近くでは、アナグマがいます。

アナグマは、小さい動物なので、電気柵は

効果がありません。

 

 地域によっては、サルが出るところも

あるそうです。サルは賢いので、防ぐには

大がかりな柵が必要になるようです。

 

 せっかく、苦労して育てても、

獣や鳥に台無しにされると、やはり

がっかりしますし、やる気がなくなります。

 

 近所のおばあちゃんに話を聞くと、

昔は、今のような獣害はなく、

もっとほのぼのとしていて、住みやすかったそうです。

 

 人間が急激に環境を変えてしまったことが

その原因だとは思いますが、これから先、

より住みよい集落になっていくように、

過去を省みて、次なる一手を考えていきたいと思います。