自給自足、循環型の暮らしを目指す音楽家であり、農夫でもあり猟師でもある小濱達郎のブログ

京都府南丹市八木町にて循環型の暮らしを目指す、農夫であり猟師でもあるシンガーソングライターのブログ

国防とは?どういうことか。

今回の選挙で、

色々と耳にすることがあります。

 

現政権は、

米国から、

F35という戦闘機を

爆買いしたと。

 

そんなこと

えげつないお金を払うよりも、

そんなお金があったら、

福祉に回してくれーという声もあるということ。

 

それは、もっともなことのようで、

でも、

軍事費と福祉では、

その意味が違うだろうし、

軍事費を削って、福祉に!

ということは、

少しずれているのかもしれない。

 

しかしながら、

今回の選挙で、

山本太郎さんの立ち上げた

れいわ新選組比例区候補者の

安富あゆみさんの

お話を聞いて、

すとんと腑に落ちた内容があります。

 

それは、

一昔前の、

軍隊を強化することで

国を守ることができるような

時代はもう終わっているということです。

 

空母に、戦車に、戦闘機などの

兵器をたくさん持っているからといって、

サイバー攻撃を防げるわけでもないし、

テロを防げるわけでもない。

原発を狙ったテロが起きたら

国は終わってしまう。

 

そんな時代だから、

意味のある国防とは、

その国に住む人,一人一人が

外国に住む人、一人一人と

信頼関係で結ばれるということ。

 

世界中の国の子どもたちに

手を差し伸べる国を

誰が攻撃するというのでしょう。

 

これこそが

世界平和ということだと思います。

 

自国の利益だけを考えるということでは、

ないんです。

 

世界の人々が、

地球上のすべての生き物が

自由に生命を謳歌しているということ。

 

そういう状態が

平和ということだと思うんです。

 

僕たちの、

小さなたった一人の

僕たちの行動の

積み重ねこそが、

それを実現するための、

唯一の方法だと

僕も思います。

 

立ち上がりましょう!

 

 

 

 

とても大事なことを言っていると感じます

www.youtube.com

 

この方の話は、

今までの選挙演説とは

一線を画している。

 

人として、

社会にいきる人間が

どう生きていくべきなのか、

一筋の光を照らしだして

くれるようです。

 

涙が出てきます。

 

子どもを守る。

 

自分が、今まで感覚的に

様々なことを選択し、

また考えてきたことを、

非常にわかりやすく、

はっきりと言葉で示してくれているようです。

 

ありがたいです。

 

土曜日は野良仕事

今日は、朝から、合羽を着て

家の周りの草刈り。

 

というのも、見回りしていたら、

イノシシの通った跡と、イノシシの

真新しいうんちが畑のすぐ横の土手にありました。

 

こりゃ急いでやらなきゃ!

 

しかしながら、畑の土手の草刈りは、

危ないし、少し大変です。

 

なにせ、傾斜がきつすぎて、

足場を間違えると、滑り落ちかねない。

 

その状況で、草刈り機を使うことも、

怖いです。

 

ケガしないように、本当に

注意してやらなきゃ。

 

スズメバチの巣もあったし。

 

家と畑を管理するということは、

草刈りだけでも、かなりの時間と労力を

費やします。

本当は、木の剪定もしなきゃいけないし・・・

 

野良仕事は、楽しいので、

苦にはなりませんが。

 

途中、近所のおばあちゃんと

お話。

 

色々あるんだなぁと。

穏やかな村で、みんないい人ばかりだと

思っていたけど、

辛い思いをされている方も

おられるようです。

 

人に喜んでもらえることをしよう。

 

明日は、晴れたら

田んぼへいこう。

 

一週間空いたから、

どうなっているのか楽しみでもあり、

心配でもあり。

1日は何事もなく過ぎていく

今日も畑では

野菜が収穫できました。
f:id:kohamatatsuro:20190711134441j:image

 

平日のお昼は、

子守りなので、

あまり外にはいけないし、

毎日のように、

山本太郎さんと、

その仲間の演説を見ています。

 

今日は、

生まれて初めて、

政治のポスター

f:id:kohamatatsuro:20190712143549j:image

家に張りました。

道路から少し離れているから、

宣伝の効果はないかもしれないけど、

これは、自分の中の意思表明。 

 

いま、動きたい!

何かに突き動かされているかの

ようです。

 

その訳が、

少しずつわかってきたような

気がします。

 

これまで、僕自身、

社会的な問題に、

疑問をいだいてきました。

 

それは例えば、

環境破壊の問題であったり。

 

その一つにリニアモーターカーのこと。 

 

山をくりぬいて、

自然を破壊する大工事。

莫大な費用がかかるのは

もちろん。

仮に

完成したとしても、

これから人口も減っていくわけだし、 

電磁波の問題もあるし、

消費エネルギーの高さもある。

たかだかほんの少し移動にかける時間が早く

なるという、それだけのために

支払う代償が大きすぎると思う。

 

はっきりいって、

マイナスなことしか思い浮かばない。

 

それでも、やはり必要だ!と

推進する動きがあって、

実際に工事が始まっている現実。

 

京都の地下鉄の階段にも

こんなポスターがあった。

 


f:id:kohamatatsuro:20190712143811j:image

なぜ、

こんなことが

通ってしまうのか?

 

今回の、

れいわ新選組の候補者の

話を聞いていて、

少し納得できたことがある。

 

それは、

いまの、金融資本主義という、

経済の仕組みそのものが、

おかしいということ。

 

それをするひとに

悪意があるとか、

ないとか、そういうことではなくて、

お金は、儲かるところに、

動いていくということ。

 

もちろん、そのお金に

目がくらんでしまい、

お金持ちの指示通りに

動いてしまう権力者が

いることも確か。 

 

しかしながら、

その陰で、

やはり誰かが何かが

犠牲になっているのでは

という疑問がつきまとう。

 

使い捨てのもので溢れていることや、

大量の食品廃棄。

海外から輸入した、

より安いものの利用。

木材などは、その最たるもの。

僕自身、直接の知り合いは

いないけど、

貧困の問題。

原発だってそう。

 

 

いつの間にか、

僕自身の中も、

その経済のシステムの中に

取り込まれていて、

安いものを選んで買ってしまうことや、

便利で楽なものを選んで買って

しまうことがある。

 

時には、そうでない

選択をすることはあっても、

どこかには、そういう考えが

染み付いている。

 

お金は、

増やし続けなければいけないと

思っていること。

なんとなく存在している

不安のようなもの。

 

ぬぐいされない不安というのは、自分自身の

暮らしの不安というよりは

世の中に対する不安だと

思う。

 

このまま、

GDPをあげて、

経済成長を、って流れは、

全体の数字だけの話になっていて、

いま、一部の大企業は、かつてないほどに

利益を上げているらしいけど、

庶民一人一人が、

経済成長を実感しているのだろうか。

 

富が集中している、

ということ

なんだろうと思う。

 

でも、その富の集中には、

犠牲が付きまとっていることを

忘れてはいけないと思う。

 

とてつもなく長い時間をかけて

蓄積されてきた、

化石燃料を、利用して

富を得ているということ。

 

その蓄積にかかった

時間は考慮されていない。

 

また、

自然を破壊することで、

富を得ていることも、

壊してしまったら、

もうもとには戻らないし、

再びそれを活用するには、

途方もない時間がかかる。

 

いま、

それらを、

富を増やすというためだけに

使い尽くしてしまったら、

子どもたちの

いきる未来は

どうなってしまうんだろう。

 

いまの、

金融資本主義の仕組みのままでは、

それらを

止めることは難しいのかもしれない。

 

誰かが、

お金を多く持つということは、

誰かの

お金が減るということ。

 

銀行というような、 お金を

貸して、その利息を、回収する

というところがあると、

お金があって、

それを貸す側は、

確実にお金が増えていく一方で、

借りている人のなかには、

かならず減らす人が出てくる。

 

みんなが同じでないと

いけないとは

思っていない。

 

多様性を認め合える世の中を

目指したい。

 

しかしながら、

格差を生み出し続ける社会は

やはりよくないと思う。

 

自分は頑張って、

成功したという人は、

成功しない人は

その人がなまけていたからと

いうかもしれない。

 

だから、貧しい人は

その人が招いたことなんだと。

 

でも、それは本当なのか?

 

そういうことばかりではないだろう。

 

生まれつき運が悪いこともある。

 

子どもたちの未来を

守るのは

大人の役割。

 

そういった明確な

ビジョンを示してくれる人、

グループが、

山本太郎であり、

彼の率いる

れいわ新選組だと感じました。

 

そういう意味でも、今回は

僕も出来るだけ動いていきたいと

思います。

 

 

ワクワクする! 大西つねき という人のお話

www.youtube.com

 

お金のこと。

経済のこと。

 

今までの政治家からは

感じることのできなかった

ワクワクするような感覚を

大西つねきさんの言葉からは

感じることができます。

 

山本太郎さんは、

現政権に対する怒りであったり、

世の中の不条理について、

あえて強調して演説している

のかなと思いますが、

大西つねきさんは、

また違う視点から

言葉を発していて、

それは、とても前向きで

明るくなる、

この人が国会議員になったら、

政治を動かしていけるようになったら、

面白くなる!

 

そんな気持ちにさせてくれる人です。

 

今回、

山本太郎さんの熱いエネルギーを

中心に集まった、れいわ新選組の候補者の

言葉は、

僕自身の中に、

新たな気づきを与えてくださいました。

 

他人任せではなく、

自分からです。

 

迷っている場合ではない。

今回ばかりは

今回の参議院選挙、

今までになく危機感を感じているし、

山本太郎率いるれいわ新選組に対する

期待も高い。

 

僕自身も、今までと同じように、

ブログで発信したりするくらいの

片手間ではいけないと思った。

 

出来る限り、知人に

話をしたり、連絡をしたり、

今までやってこなかったようなことも、

やっていこうと思う。

 

そう思わさせるエネルギーが

山本太郎の演説にはあふれているから。

 

腐りきった現在の政治を

何とかしていくのは、

大人の責任であり、使命だと思う。