自給自足、循環型の暮らしを目指す音楽家であり、主夫でもある小濱達郎のブログ

京都府南丹市八木町にて循環型の暮らしを目指す、主夫であり、農夫であるシンガーソングライターのブログ

なぜ、自然農にこだわるのか

今日、すがさんと話をしていて、

思った。

 

なぜ、僕は自然農を選んだのだろうかということ。

 

改めて思い返してみると

環境問題を何とかしたいという思いが

あるのだと思う。

 

環境問題というと、

温暖化のことであったり、エネルギー問題、

大気汚染、海洋汚染、山の荒廃、放射性物質など

様々な事柄がある。

 

自然農が温暖化の対策に直結するとは

なかなか想像しにくいところがある。

関係していないわけではないが。

 

自然農というと、

草や虫を敵としない。

肥料など持ち込まない。

耕さない。

などのキーワードは知っている。

 

この草や虫を敵としない、

という点においては、

とても共感していて、

生物の多様性のなかで、

自分自身が生きている中、

ある特定の虫などを敵対視して、

しまうことに違和感を持っていた。

 

しかし、敵対視しないからといって、

殺さないわけでもない。

 

野菜を食べる虫を殺すこともあるし、

家の中にはいってきた、不快な虫を

殺すこともある。

 

草だって、野菜の周りは、

丁寧に刈ったり抜いたりするし、

普段歩くところは、こまめに刈る。

 

でも、草が生えているからと言って

嫌な気持ちにはならないようだ。

草が生えていない状態がきれいだとも

思わないようだ。

 

除草剤というものが世の中には

あふれていて、

僕は、どうも毛嫌いしてしまっている。

 

化学的なもので

対処してしまうことに、

嫌悪感を感じているようだ。

 

除草剤、殺虫剤、化学肥料などは

使い続けると、その土地の環境に

悪影響を与えると思い込んでいるところがあるし、

また、自らの口に入る可能性も否定できない中、

怖いという感覚もあるようだ。

 

実際、

ラウンドアップという除草剤など、

諸外国では人体に影響があるということで、

使用禁止になっているところもあるらしいし、

もちろん、そういうものを使う気にはならない。

 

そんな除草剤なんて

なかった時代が過去にはあって、

そういうときは、

草は家畜のえさになり、

また、野に積んでたい肥として

使っていたそうだ。

 

そっちの方向でいいんじゃないのって

思っているだけ。

 

もっとも、牛などの家畜を

飼っているわけではないので、

もっぱらたい肥化を実践中ではありますが。

 

多分、

時代が現代に近づくにつれて、

機械化が進み、肉体労働の手間暇は

劇的に減った。

そのことで、時間にゆとりが生まれたり、

プラスになった面ももちろんあるんだけど、

少子高齢化核家族化が進んだり、

ただお米を育てているだけでは、

生活が成り立たなくなってきてしまったり、

なんかうまく回らなくなってきて、

ただでさえ機械化で減った農業への従事時間を

さらに減らしたい、身体がしんどいってなってきたり。

 

もっとも、

年を重ね、おじいさんおばあさんになっていくと、

身体も思うように動かなくなってきたりするかもしれないし、

そんなとき、手伝ってくれる若い人がいなかったら

助けてくれー!もうしんどい!つらい!って

なるのも無理ない。

 

こうやって

巡らせてしまうと、

何がどうなっているのか、

よくわからなくなってくる。

 

いや、

物事は

もっとシンプルなはずだ。

 

心から、気持ちいいと感じること。

その感性に蓋をしない。

 

そうすると、

おのずと見えてくるのでは

ないだろうか。

 

便利なものがたくさんあるし、

誰でも簡単に手に入る、

現代日本社会の中で

自分が使いたいものを取捨選択し、

その結果として、

どんな未来を描いていけるのか

ということ。

 

子どもたちが成人した

その先の未来に。

 

僕はいま、何ができるだろうか。

 

一つ一つの、些細な選択が

形作っていく未来。

 

目の前のこと、

大切にしたいと思う。

 

結局、タイトルとは話がずれてしまったような・・・

 

ちなみに、

自然農で育てたから野菜だから美味しいっていうのは、

正直なところ、僕自身は微妙なところだと感じています。

 

味覚って、主観によって随分作用されるし、

不思議なもの。

 

上手に健康に育った野菜がうまいのは確かだと感じる。

 

肥料をどうするか、

気候や土壌環境などでも、味がずいぶん変わるらしいが、

自分で比較して食べ比べたことがないので

僕にはまだ難しい。

 

自分の畑の同じ場所で育った人参でも

一本一本味が違うのではないかとさえ思ってしまう。

 

僕が美味しいと思っても、

子どもたちは食べなかったりもするし、

まあでも、妻とは割と好みは一致しているかな。

 

身土不二というのは、

まさにその通りだと思っているので、

身近なところにある自然なものを

食べるということは、

身体が喜ぶのだと思う。

 

自らの口に入るものを

自らで育てるというのは、

やはり面白い。